FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 03月23日   
 
選別思考 1386   
 
クルリと纏まった担鰭骨は、血管棘系からしかできないのか。
神経棘系からはできないのだろうか。
そうとすれば、鮒尾の上葉の軟条は、血管棘系となってしまう。
だが、背鰭の鰭終いには、纏まりそうなクルリとなる性質が見え隠れしている。
だがそれは中葉止まりなのかも知れない。
尾芯と一体感の少ない並側条は、上葉の中途半端に纏まった板骨を持つ担鰭節
から来ているので、棘条との結びつきが少ないのかも知れない。
だがそれなら半側条も同じ条件になる。
半細条の側条は、棘条との結びつきが一体的で強いと思える。
側条の担鰭節が棘条の作用によって、纏まりきれていないのか。
未だ中途半端な板骨はそれでも、強まりつつあることになる。
  
2014.03.23(Sun)  土佐錦魚TOP

  2014.03   02≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫04

TopAdmin