FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 03月22日   
  
選別思考 1385   
 
それは、接合すると放射状になれなくなる。
それは、接合すると鰭終いではなくなることから来ている。
これが丸まった放射状になっていても、全部の担鰭骨が纏まって、一本の棘から受けているようになるのではないだろうか。
そうなると、そこに板骨が派生して、その纏まりを補強する。
ヒラメのように、一列に並んだ神経棘一本一本から、担鰭骨が一本或いは二本受けていれば、臀鰭も背鰭のような形になる。
一列に並んだ担鰭骨全てが一本の棘から受けるようになると、その棘へ担鰭骨が集中して丸まり出す。舵鰭がそうなっている。
全部が放射状になって集約的な担鰭骨は、一本目が代表となって血管棘へ向いている。
 
2014.03.22(Sat)  土佐錦魚TOP

  2014.03   02≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫04

TopAdmin