FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 03月21日   

 
選別思考 1384   
 
さて、一列に並んだ担鰭骨は、一列に並んだ神経棘一本一本から来ている。
背鰭の鰭終いの方は、少し放射状なので、神経棘一本から担鰭骨が二本出ている。放射状になれば一神経棘や一血管棘から、複数の担鰭骨が出る可能性があることになる。
背鰭のような一列に並んだ広条の鰭終いが放射状で、尾鰭のような放射状に並んだ広条の鰭終いは、並行状になっている。
この差は、どこから来ているのだろうか。
ほかの独立している鰭の鰭終いは、放射状になっている。
と言うことは、尾鰭だけが独特になっていることになる。
尾鰭だけが、中葉として鰭終いどうしが接合している。
中葉は、接合部が括れた形になっている。
その短くなり方が、鰭終いであったことを示している。
中葉は並行的で放射状になっていないだけになる。
 
2014.03.21(Fri)  土佐錦魚TOP

  2014.03   02≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫04

TopAdmin