FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 03月16日   
  
選別思考 1379   
 
ここまで追ってきたところで、どうやら担鰭節にシコリを造る因があるのか、
その前段階の棘状にあるかの洗濯を迷っている。
担鰭節の移動か、担鰭節を導いている棘状からか。
もう一つ、中葉の組織が広葉にできるのだろうか。
だが、中葉と広葉の協力体制は綿密なものとなっている。
中葉には四本の条があって、その二条に各一本ずつ、計二本の棘状が来ている。
その前側の一本が特に、前葉の広葉と綿密な関係になっている。
その後側の一本が特に、後葉の広葉と綿密な関係になっている。
その関係が、越権しないとは言い切れないものになっている。
越権したからこそ、異常として現れているのかも知れない。
広葉の担鰭節から来たとするなら、放射状になるはず。
広葉の担鰭節からなら、根元からしかならないのか。
それが一条の範囲なので、二本だけが平行的になったのか。
 
2014.03.16(Sun)  土佐錦魚TOP

  2014.03   02≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫04

TopAdmin