FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 03月08日   
  
選別思考 1371   
 
大阪ランチュウ以後からの三つ尾からすると、自然の成り行きに沿わない、
人為的なツマミへの方向を課せられたことになる。
大阪ランチュウ系の尾には、大きく分けて二通りの型がある。
幅尾系と尖り尾(三角尾)系。
尖り尾と言った時には、幅尾、長尾、尖り尾の分類になり、
三角尾と言った時には、丸尾、角尾、三角尾の分類になる。
尖り尾は大阪ランチュウの特徴の平付けと三つ尾からきている。
土佐錦魚は平付けで、三つ尾でなくては不可ないとして、とにかく平付けの三つ尾を優先して選別していたら、尾芯だけがちょっとだけ伸び過ぎた三角的な形が出てきた。
大阪ランチュウ系の三角尾が、そのまま出てきたことになる。
 
2014.03.08(Sat)  土佐錦魚TOP

  2014.03   02≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫04

TopAdmin