FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 8月30日   
  
選別思考 1181   
 
なら、棘条際の半細条は、どっちになっているのだろうか。
棘条の方からか、軟条の方からか。
ハッキリしないことは予想していたが、ここまでとは。
かといって、棘条側にピッタリ付いている訳でもない。
拳状から出ていても、棘条との間に段差がちょっとある程度。
やはり、軟条であって棘条ではない。でも棘条側に付いている。
そんな感じが、棘条の影響力を受けている証かも知れない。
際の条の情報は、左右別々に棘条から来ていることになる。
棘の情報も条の情報も、その半細条を仲立ちにして交わしているのだろう。
軟条としては精一杯丈夫な側条になって、棘条にピッタリ寄り添っている感じを受ける。
棘状と側条の元での形態的な繋がりは余り見られないが、機能的な繋がりは、
かなり一体的と感じられる。
 
2013.08.30(Fri)  土佐錦魚TOP

  2013.08   07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09

TopAdmin