FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 10月16日
  
雨のち晴れ
      蓋   内      朝   昼
朝の水温 21℃ 22℃ 気温 22℃ 29℃ 

 おはよう

選別思考 497

 環境が生体に作用し、それを生体が遺伝子に作用し、遺伝子が呼応するように変わるとは、認めていない。
偶然に遺伝子が変わって、たまたま環境にあっていたから発展したとなっている。
だが、生物はフィードバック作用を、幾重にも活用していることは事実となっている。
環境が遺伝子に作用することは、生き抜く上での根幹と感じているが、そうもいかないらしい。
生命→遺伝子→生体→環境→遺伝子→生体と、科学ではなっている。
生命→生体→遺伝子→環境→生体→遺伝子の順序とはなっていない。
遺伝子が生体を造っていると、科学ではなっている。
生体が遺伝子を造っているとは、根本が違っている。
生体が生存と繁栄のために、遺伝子を求めるのか。
生体をつくる遺伝子がまずあって、その遺伝子が偶然環境にあっていることから、生体が始まっているのだから仕方がない。
   
2011.10.16(Sun)  土佐錦魚TOP

  2011.10   09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11

TopAdmin