FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 10月13日
  
曇り
      蓋   内      朝   昼
朝の水温 16℃ 18℃ 気温 17℃ 23℃ 

 おはよう

選別思考 494
 
 ランチュウ系としての骨格を持っていれば、背鰭があっても、稜線があっても、腰を望める可能性が高くなる。
だが、胸部から頭部に掛けては、ナンキン系の骨格が望まれている。
するとまず、ランチュウ系として筒の折れ下りを有していることが、第一の条件とされる。
それは、背鰭の影響が少ないか、尾筒の独立性が保たれていることになる。
これは、背びれを持っていなかった頃の条件を、背鰭があるのに求められていることになる。
第一の条件を、残念ながらナンキン系は持ち合わせていない。
だが、胸部から頭部にかけては、ナンキン系の直線性を有していることが第二の条件として望まれている。
こと舵鰭二枚に限れば、そんな土佐錦魚の条件を別にして、ナンキンは舵鰭二枚が多い。
  
2011.10.13(Thu)  土佐錦魚TOP

  2011.10   09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11

TopAdmin