FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
5月23日
 
曇り時々晴れ
    外   内
朝  19℃ 21℃

 朝のうち肌に感じるような霧雨。
このぐらい水温があると楽になる。

 今日今期初めてのイトメが来る。
置き場の整備をしなくては。

 棚の糸目入れ4段を清掃、勾配を調整、新しくして使わないつもりで下ろしてあった水を溜めておく容器をまた設置、これもサボっていた報い。
 糸目洗いの水道蛇口が具合が悪い、急遽取り替え、あっちもこっちも試しに流してみて良し、自動水位フロートを調整、ポンプとの連動良し、とりあえず完了したところでおりよくイトメが到着、やれやれ。
ちゃらちゃらと少し涼しげな水音がし始めると、いよいよ丸鉢シーズン到来。
 三時からぶっ続けでやっているともう一日分働いたようだ。

 心の起源を読んでの比較を出したつもりがスッカリ忘れていました。


心の起源を読んでの比較 70

P72【いまここで問題となるのは、脳とは体細胞からできている器官であってみれば、脳は必ず死を迎えるべき運命にあるにもかかわらず、脳のなかに生じた心のはたらきは、それがある時点で終結するようにはプログラムされていないことである。それどころか、心が発達するにつれて、みずからが宿っている個体は、やがて死すべきものであることを知るまでになる。つまり、不死でありつづけようとする心が、死すべき身体のなかに閉じ込められていることを知ってしまうのである。(段落) これは不合理であって、しかも解決不可能な問題である。.......】

 やはり勘違いしやすいことがここに表れてきているのではないだろうか。
脳と言うものが自身を知り運命まで承知していながら、脳はとうとう自身の製造物である心を、死よりも命よりも高らかに祭り上げてしまった。
 人間の死は恐怖を渦巻き、病に忍び、老いを従え、生に拘り、殺を選び、眼前で学び、記憶に重なり、知識として伝えることもできる。
その衝動や思いや知識が「心」として不死であり続けようとするのだろうか。

2009.05.23(Sat)  土佐錦魚TOP

  2009.05   04≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫06

TopAdmin