FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
5月 4日
 
曇りときどき晴れ間
    外   内
朝  14℃ 20℃

 昨日の忙しさは気違いじみていた。
水換え、餌やり、採卵、選別、鉢替え、親の移動、来訪者。
今日は萎えてしまっている。
次の雨上がりまでゆっくりせせてもらって、雨上がりの忙しさに備えなくては。


心の起源を読んでの比較 51

 これは、記憶が時空を生みだし相対的時空としている訳ではなくなる。
脳が心を生みだしていないことと同じで、記憶が時空を生みだしてはいない。
脳が心を表現していると同じで、記憶が時空を表現している。
その軸は生物個体独自の過去から現在までの線上でしかありえない。
その生物個体独自の心や命や時間や空間の表現を生の字を付けて、生心、生命、生時、生空として、それらを有する物質の構築体を生体としている。

(いよいよ疲労の咳が出始めて、集中力が途切れてしまいました。49を書いた時続きを載せていなかったところを下記として、今日の思考は明日まで休みとさせて頂きます。)

 この例えを個人のものとせずに人類に例えると試行は失敗とされるのか、時間を取り戻せばやり直しが許されるのか、それとも他の生物が台頭してくるのか。それは、人間が想像できないぐらい遠い回り道をすることに違いはない。そしてそのぶん、【未来の人格】は遠くなるのか、消滅してしまうのか。
 人間が己を言うのもおこがましいが、命の方向をがむしゃらに進みながらも心の示唆を見失っていない者がいるのは、また実行がおぼつかなくても常に意識を怠らないものがいるのは、この世では今のところ人間が最初だと思える。利己の利を追究する者の方がいまだ圧倒的だが、人類も見捨てたものでもないというところまで来ている。

2009.05.04(Mon)  土佐錦魚TOP

  2009.05   04≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫06

TopAdmin