FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
5月 3日
 
曇り
    外   内
朝  13℃ 20℃

 いよいよ息つく暇がなくなってきた。
九日生まれも限界が過ぎている。
今度の雨上がりに丸鉢へ移すようだ。
そうすれば卵に追われた親を出さなくてすむようにもなる。


心の起源を読んでの比較 50

 実際に記憶を失っても身体は原始化する訳でもなく、案外その時代に適応して生命活動を行えると推測できる。時空を位置付けるとされる記憶を無くすことは、既に生命の危機を向かえることになっているだろう。【】の仮説を指摘しながら言いようのない矛盾と言い知れぬ空虚を感じている。
 とにかく記憶がなくなると、命の利己主義がむき出しになるところまではいかないまでも、【現在の人格】となっていたところは失われ、一端 【過去の人格】へと一変してしまうことは確かだろう。
それはむき出しのままでしか表現できなくなるからで、その人間が過去に戻る訳ではない。
 仮に記憶が時空を生みだすのであれば、記憶を辿ることで過去へ戻れる時空移動すらできることになりはしないか。あるいは未来を予測するなら時空を移動できることが可能になるはずだ。
 例えば、歳を重ねて忘れっぽくなると、記憶は薄らぐ、その時点では時空はどうなるのだろう。
 例えば、私の親がそうだった、惚けた時には子供時代や過去の時代に戻ることがある。
認知症と言われるが、現在を認知できなくはなるが、惚けた本人は過去を今と思い込んでいる。本人は既に現在に存在していなくその時の過去に存在している。
現在を認知できない訳ではなく、過去を今と思い込んでいるからだ。
脳がときおり現在を取り戻したり、過去へ行ったりすることは脳の中で現在を働かなくする作用が行われるため、過去が働き出すことになる。

2009.05.03(Sun)  土佐錦魚TOP

  2009.05   04≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫06

TopAdmin