FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
38

  9月28日

 朝のうち曇りのち晴れ

    朝    昼
 外 20℃  33℃
 内 23℃  30℃
これで彼岸過ぎての夏も終わりを告げるようです。

 高知化とは気候が高知に近づくことにかわりありませんが、やって来る高知の気候そのものは、金魚にとって限界的なものではないか、と私は解釈しております。
 例えば沖縄産出の名魚を聞いたことがありません。沖縄は亜熱帯、高知は温帯の南限付近。土佐錦魚は、四季のある温帯での南限の種と位置付けています。
 高知の真夏丸鉢を日向に放って置くと、水は沸き、魚は煮えてしまいます。
水替えや日除けをすることで生命を保つようになります。
 そんなことをしてまで、どうして無理矢理丸鉢へ入れるのでしょうか。
南限付近の厳しい条件をことさら増すように、過酷な丸鉢へ入れているところが、他の金魚との違いを明確にしています。
 土佐錦魚は限界的気候で誕生し、過酷な環境の申し子として作られてきました。
金魚にとって過酷な限界ギリギリが、土佐錦作りにとって必要な条件なのです。
その条件を他の地で得られるようになることが、気候の高知化と言えます。
                        (限界の高知化)
2007.09.28(Fri)  土佐錦魚コメント(0)TOP

  2007.09   08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫10

TopAdmin