FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 十尾
  4月30日

 晴れ

    朝    昼
 外 10℃ 24℃
 内 18℃ 24℃

 10尾産んでくれました。

いよいよモニター的に半分づつにして置いておくこともできなくなりました。
全卵送ることになります。この時期になると本格的産卵で卵数が少なくて3千、多くて五千はあります。
 いつもの受精率ならほとんど孵るはずです。
大量を世話できる人へ送らないとかえって迷惑になるかも知れません。

 数尾を残して1番子はほとんどの魚が産んでしまったようです。
今度は産み終わって外へ出してある魚がどう産むかになります。
少し遅れてくれるといいのですが。

 ブラインシュリンプを今日は10瓶セットしました。
明日からは10瓶分の稚魚との格闘が始まります。

 夜はガックリ疲れるため、続きはしばらくお休みさせて頂きます。

2007.04.30(Mon)  土佐錦魚コメント(0)TOP
 続き十五
 4月29日

 晴れ。

    朝    昼
 外  7℃  24℃
 内 16℃  24℃

  七尾産んでくれました。
 予定通りですが、空けられる鉢は四つ、とうとう32鉢一杯。
産卵が不調の時のために親を抱えています。
好調時の嬉しい悲鳴は覚悟していますが、これも困りものです。
まだまだ産みそうな魚が沢山いるのにどうすんだ。
 とりあえず今日の抱えきれない分は送り先が決まりホッとしています。
目先が良くて腹もふっくら、三つ尾でとてもスッキリした雌や、
丸手で鹿の子模様の可愛い雌の卵なので絶対捨てられない。
かと言って抱えれば結局体を壊すもとになる。

 続き十五

   続きを読む…

2007.04.29(Sun)  土佐錦魚コメント(0)TOP
 続き十四
 4月28日

晴れのち午後雷雨のち夕焼け。

    朝    昼
 外 10℃ 24℃
 内 18℃ 24℃

 まだ夏至には間があるのに二時半に目が覚めるようになってしまいました。
疲れていても関係ないようです。
やはり、錦魚が取り憑いている感があります。
目覚ましは、この時間まで寝ていないと体を壊すから、起きてはいけません、と言う目安のようです。

 今日も産みませんでした。

 続き十四

   続きを読む…

2007.04.28(Sat)  土佐錦魚コメント(0)TOP
続き十三

 4月27日

 晴れのち曇り。

    朝    昼
 外  5℃  20℃。
 内 16℃  24℃。
外 蓋有り11℃

 カッパの衿を久しぶりに閉めるほど北風が冷たいと思ったら、魚が底でジッとしています。
5℃まで下がっていました。
間違いではないかとほかの水温計を確かめて見ると、やっぱり5℃。
朝は忙しいので産卵予定外の魚には気が回らず、昨日は何気無しに餌を与えてしまいました。
今日は早くから陽が出ているので直ぐに暖まってくれると、後悔せずに自分を慰めています。
 今日も産む気配はありませんでした。
連休の二十九日から次の予定期間でしたので、大潮が誘因になってくれればと思っています。

 続き十三

   続きを読む…

2007.04.27(Fri)  土佐錦魚コメント(0)TOP
 続き十二
 4月26日

 晴れ。

    朝    昼
 外 10℃ 26℃。
 内 18℃ 26℃。

 12日間途切れることなく産んでくれましたが、今日は産みませんでした。
それを良いことに腹の柔らかいもの等、親の点検、池替えをしました。
 送れなかった卵は貰い手が現れ私も入れて三人で分けることになり、二カ所へ発送しました。ヤレヤレです。
 ブラインシュリンプも忙しくなってきましたがまだ5瓶で賄える程度なので、三食をたべることができて、今日の朝食は十一時、昼は三時、夕食はこれを書き終わる頃八時頃になりそうです。
 四時から始めて十一時までお腹が減った気にならないことが危ない感じなので、去年の教訓を活かして朝昼一緒にせずに、ずれても三食食べることにしています。

 続き十二

   続きを読む…

2007.04.26(Thu)  土佐錦魚コメント(0)TOP
酔っているのでお許しを

 4月25日

 雨。

    朝    昼
 外 11℃ 16℃。
 内 18℃ 18℃。
 (ヒーター使用)

 三歳一尾産んでくれました。
静かな鉢の雄を押してみましたが、ことごとく出ませんでした。
産んでいる鉢の雄も出が良いのと少ないのとバラバラでした。

 今日のも3千はあるでしょうから、半分づつにして送ることができそうです。
あと一人へ送ると送り先もとぼしくなってしまいます。
空けられる鉢はあと四つ。
それ以上は。

   続きを読む…

2007.04.25(Wed)  土佐錦魚コメント(0)TOP
 続き十一
 4月24日

 曇りのち夕方から雨。

    朝    昼
 外 11℃  16℃
 内 19℃  22℃
 (ヒーター使用)
 外 蓋有り16℃

 今日は、待っていた三歳が産んでくれました。
丸手、端白ですが当歳の時は猩猩的で、スッキリと目先良く、お腹が実にふくよか、三つ尾、平付け、金座大きく、見る度に好きになって行く錦魚です。
雄は中手、色の濃い更紗です。
 この日に当たった幸運な人へ半分送ります。

 続き十一

   続きを読む…

2007.04.24(Tue)  土佐錦魚コメント(0)TOP
 続き十
 4月23日

朝残り雨、曇り。

    朝    昼
 外 15℃  19℃
 内 20℃、 23℃

 三歳が五尾産んでくれました。
もう迷っている暇はありません。
親と産卵に参加させない三歳は外に出しました。
 あと少しで温室内全32鉢は卵で埋まりそうなので、なるべく外へ出すのを遅らすためあちこちへ送る連絡をとるのが大変。直に全部が外へ出されてしまいます。
 二番子は5月に産んでくれれば、最初の一番子が丸鉢へ移り、そこへ入り込めます。
 一番子は稚魚でも会員へ配布するので、4千、3千程の鉢もあっさり減ってくれる算段でいるのですが、どうなるか?
 四時の目覚ましの前に目が覚めるようになったので、三時半にセットするようになりました。
 これから、三時、夏至ごろには二時半へとなってゆきますが、去年の失敗を活かして体力を保たせる努力もしてゆかなければ。

 続き十
 

   続きを読む…

2007.04.23(Mon)  土佐錦魚コメント(0)TOP
 保温の続き九
 4月22日

曇、薄日。今日も南風強し。

    朝    昼
 外 16℃  23℃
 内 20℃  26℃

 三歳が四尾産んでくれました。
この2日温かでしたの四尾と多くなったようです。
今日で一応予定期間最終日。雄は出ないのが増えています。
これで一回目のフィナーレにならなければ良いが。
 卵を送る約束の人から催促の連絡を貰って気が付いた人や、他にも何人かいました。
これで三口程送れそうです。

この間の冷えを2日間の暖まりによって、この先もポチポチ産んでくれると良いのですが。

 保温の続き九

   続きを読む…

2007.04.22(Sun)  土佐錦魚コメント(0)TOP
 保温の続き八

 4月21日

晴れ、南風強し。

    朝    昼
 外 13℃  26℃。
 内 19℃  26℃。

 今日も三歳が一尾産んでくれました。
ぽつぽつと産むのでやたらと忙しくなくて楽していますが、明日からはブラインシュリンプが始まりますので、いよいよダイエットができる忙しさへ突入です。

 保温の続き八

   続きを読む…

2007.04.21(Sat)  土佐錦魚コメント(0)TOP
 保温の続き七

 4月20日

晴れのち曇り。

    朝    昼
 外  8℃  22℃
 内 17℃  27℃

 卵は19℃、今朝は保てたようです。
今日は貴重な晴れとなりそうなので、親池は温まってくれそうですが、
卵池は20℃を越してしまいそう。
 三歳が一尾産んでくれました。
 卵に池を明け渡して親は窮屈になっていますが、そろそろ親を外に出さなくては込み過ぎてしまいました。寒さは収まってきましたが明後日からまた雨が続きそうで、今日出そうか次の晴れにしようか迷っています。
 ブラインシュリンプをセットしました。
明後日の朝から14日産まれの餌やり開始です。
14日産まれは18日から19日にかけて孵り、親が大きかったので卵も大きく浮き出しも早くて今日泳ぎ出したのもいました。
明日には全部が泳ぎ出すはずなので、明後日の朝に少し与えるつもりです。
 これからは赤ん坊のミルクと同じように側を離れず、付きっきりの世話が始まります。

 保温の続き七

   続きを読む…

2007.04.20(Fri)  土佐錦魚コメント(0)TOP
大潮と産卵の関係
 4月19日

朝のうち雨、のち曇り、薄日。

    朝    昼
 外  7℃  18℃
 内 13℃  22℃
   (ヒーター使用)

 ヒーターを使っているのに保てませんでした。
13℃の鉢は静かなものです。
 一鉢だけ水中ヒーターを入れて20℃に保ったところがありました。
そこでは明け三歳が一尾産んでくれました。
 このところ産卵が低調になった原因は上記を以て、温度を保てなかったことが高い可能性と言えそうです。

大潮と産卵の関係

   続きを読む…

2007.04.19(Thu)  土佐錦魚コメント(0)TOP
保温の続き六
 4月18日

曇りのち雨。

    朝    昼
 外  6℃、 12℃。
 内 16℃、 18℃。
 (ヒーター使用)

 ヒーターを焚いてなんとか16℃を確保したものの、明け方に産卵をしている鉢はありませんでした。
 卵は17℃、目標の18℃から20℃には届きませんでしたが、まあ、なんとか。
 九時頃から明け三歳が一尾産んでくれました。
これも、会員と半分づつにし、早速送りました。

 保温の続き六

   続きを読む…

2007.04.18(Wed)  土佐錦魚コメント(0)TOP
保温の続き五
 4月17日

冷たい雨、北風強し。昼頃やみ間、17時近くに雷。

    朝    昼
 外  7℃、 11℃。
 内 14℃、 18℃。
   (ヒーター使用)

 なるべく加温したくない。こんな思いが失敗をさせました。
ヒーターを効かせなかったため14℃にしてしまいました。
12℃で産んだこともありましたが、夜明けに追っている魚はいませんでした。
この先の産卵にどう影響が出るか、観察事項です。
卵は蓋をしていたので16℃。影響がどう出るか観察事項がもう1つ増えました。

 朝あわててヒターをかけ18℃まで上げる。
三歳が一尾10時頃産み出した。
夕方は少し追う気配を見せましたが、夜分にはヒーターをかけているにかかわらず、下がって行きます。
 明日の朝が思いやられますが、最早卵十鉢を確保、後は成り行きに委ねます。

保温の続き五

   続きを読む…

2007.04.17(Tue)  土佐錦魚コメント(0)TOP
保温の続き四

 4月16日

雨。

    朝    昼
 外 10℃、 11℃。
 内 19℃、 17℃。

 今日は明け三歳六尾が産んでくれました。
これで会員の申し込み分は配布できそうです。
後はゆっくり自分の分を。

   続きを読む…

2007.04.16(Mon)  土佐錦魚コメント(0)TOP
保温の続き三

 4月15日

薄陽。

    朝    昼
 外  8℃、 22℃。
 内 20℃、 26℃。

 今日は早くから親二尾が産み、取り終わる頃に明け三歳二尾が産み始めて、軽く餌を与えてから明け三歳がもう一尾産み出しました。
娘達は気まぐれで大変です。
 いよいよ忙しくなり、駆け足で世話をするようになってきました。
 ついうっかり朝食をとるのを忘れていたことに気が付き、去年のように夕食まで忘れると胃潰瘍になるので、一段落したところで食べました。
 これからは池の側へ陽に当たってもいたまない携帯食とスポーツ飲料でも置いておかなくては。

 昨日産んだ卵を二人会員が受け取りにきてくれました。
今朝現在では受精率は90%以上100%近く。
一腹は三人で、もう一腹は巣をハサミで切って二つに分けました。
 今日産んだ卵は明日取りにきてくれる会員一人へ。
まだ連絡していない人も居るので受精率を確かめてからするつもりです。

保温の続き三

   続きを読む…

2007.04.15(Sun)  土佐錦魚コメント(0)TOP
産み始め
 4月14日

晴れときおり薄陽のち曇り。

    朝    昼
 外 14℃、 26℃。
 内 19℃、 27℃。

 親二尾が産んでくれました。
初めは予定通り、さて続きはどうなることやら。
 丸手のふっくらした素赤の雌と野中系でシッカリした体の雌です。
 野中系でシッカリした体の雌は夜明け前にかなり産んでしまったようで、卵数が二千いかないぐらいか?
 丸手のふっくらした素赤の雌は産み始めたばかりのようで、三千程は出してくれましたが、洗面器に入れて運んだ時にかなりこぼしていました。
 雄はいずれも平付けで金座のシッカリしたものをかけました。
 会員に卵を分けることになっているので、受精率を見てから早速連絡をしようと思っています。二尾ですから四千はあると思うので、受精率次第ですが私と会員二人で分けらればいいのですが。

 夕方見たところではいつものような受精率でした。
卵も大きいし、早速会員へ連絡します。

保温の続き二


   続きを読む…

2007.04.14(Sat)  土佐錦魚コメント(0)TOP
保温の続き一
 4月13日

薄曇り。

    朝    昼
 外  8℃、 20℃。
 内 16℃、 23℃。

 今日は追う素振りも見せなくなってしまいました。
毎年のことですが様々な不安がよぎります。
自分がふらふらしていても魚を信じていると産んでくれているので、早ければ土曜、次の日曜からその次の日曜までが、産卵予定期間です。

保温の続き一

   続きを読む…

2007.04.13(Fri)  土佐錦魚コメント(0)TOP
今度の丸鉢の保温
 4月12日

 晴れ。

    朝    昼
 外  8℃、 23℃。
 内 16℃、 26℃。

 いよいよという感じを受けて雌雄割り振りをしました。
 明け三歳、一鉢雄四尾、雌四尾、計八尾が十六鉢=百二十八尾。
  親、  一鉢雄三尾、雌三尾、計六尾が 六鉢= 三十六尾。
産卵要員から除外したのが三十数尾、雌雄はほぼ半数。今年程雌雄がきっかり半数になったことは珍しいが、毎年ほぼ半数とになります。
これが産卵態勢の全容です。

   続きを読む…

2007.04.12(Thu)  土佐錦魚コメント(0)TOP
ちゃくちゃくと
 4月11日

曇りのち午後雨。

    朝    昼
 外  8℃、 18℃。
 内 19℃、 23℃。

 昨日は少し無理して水温を上げ、今朝も少し無理して冷えないようにした。
魚は早よから餌を欲しがって、産む素振りは見せていない。
昨日とは別の雄が雄同士で突っつきあって追っている池もある。
雄は早く出来て、精子を溜めてくれれば嬉しいと言える。
雌はゆっくり成熟すれば成熟度は良好になり卵数も多くなる。
来週に産んでくれれば最高の予定通りになってくれる。
とは言え、これからは毎日気を抜かないで、見なければ。
2007.04.11(Wed)  土佐錦魚コメント(0)TOP
追い出した模様
 4月10日

晴れ。午後から南風強くなる。

    朝    昼
 外  8℃、 22℃。
 内 16℃、 26℃。

 とうとう一池の雄が朝から突っつき出してしまいました。
あと一週間保ってくれるだろうか。
会員の分の丸鉢は今日頑張って仕上げてしまわなくては。
 午後には所々で追っているのが見られました。
 今日は週末には産んでくれるようにと蒸れを承知で、無理して暖めたのが早めてしまったのかも知れない。
 夜は丸鉢造りの作業を止めて、巣作りをすることにします。
去年のように花見どころではなくなってしまうのか。
あと2回は行きたい。

   続きを読む…

2007.04.10(Tue)  土佐錦魚コメント(0)TOP
曇りときおり薄陽のち午後雨
 4月9日

曇りときおり薄陽のち午後雨。

    朝    昼
 外 11℃、 20℃。
 内 17℃、 22℃。

 朝起きると腱鞘炎の痛みと熱も、指のこわばりも大分収まっていました。
お陰さまです。
 さあ産卵予定期間初めまで後一週間、頑張り抜かなくては。

 魚の方はサッパリしたものです。
明後日で会員のは分は出来上がるので、雌雄振り分けをしなくては。
発送が済んだら自分の分を造り出す前に一日休んで、八重の花見に行こう。
自分の分はいつ中断してもいいのだから。

2007.04.09(Mon)  土佐錦魚コメント(0)TOP
今日も午後から
 4月8日

晴れ。

    朝    昼
 外 10℃、 22℃。
 内 17℃、 22℃。

 今日も午後から手伝ってくれました。ありがとう。
面倒なことをどんどんしてくれて、助かりました。
お陰さまで昨日と今日は夜の作業をしなくて済みました。
このところ17時間程していたので夕食後休めると明日への英気が戻ってきます。
今日は20時ギリギリでしたが投票にも行ってきました。
 今日は会員一人目へ。
火曜には二人目へ渡します。
順次送ることが出来そうです。
2007.04.08(Sun)  土佐錦魚コメント(0)TOP
手伝って頂きました
 4月7日

晴れときどき曇り、曇り。

    朝    昼
 外  8℃、 21℃。
 内 16℃、 22℃。
(ヒーター無し)

 今日は午後から会員が丸鉢造りを手伝いに来てくれました。
疲れが溜まって気力がなえそうになっていたところ、励みになってくれました。
有り難い。
 明日も来てくれるので、助かる。私も頑張らなくっちゃ。

 集中力がないので、丸鉢に関しては書けない状態です。
魚が産むまでは、丸鉢製作に没頭します。
2007.04.08(Sun)  土佐錦魚コメント(0)TOP
晴れのち曇り
 4月6日

晴れのち曇り。

    朝    昼
 外  5℃、 20℃。
 内 14℃、 21℃。
(内14℃はヒーター使用、推測10℃)

 昨日は朝のうちに3個の塗り付けをして、出がけ間際に縁を切ってから行ったので、心置きなく手を休めることが出来た。検査と言っても横になっていることの方が多く、骨休めになった。
 今日から本格的に組み立て開始。
明後日からは完成する鉢が出来る予定。
稚魚を入れるまでに苔をつけられるよう順次会員へ送らなければ。

   続きを読む…

2007.04.07(Sat)  土佐錦魚コメント(0)TOP
晴れ、冷え込み強し。
 4月5日

晴れ、冷え込み強し。

    朝    昼
 外  3℃、   ℃。
 内 12℃、   ℃。
昼の水温(最高)は病院へ検査のため測れず。
(腱鞘炎とは別です)

外3℃、凍る寸前なのだろう。 
昨日餌を与えなくて良かった。
今日も与えずに置く。
明日は与えることが出来そう。
 内12℃はヒーターが上昇させたからで、おそらくは8℃程に下がっていたと推測する。
昨晩のヒーター養生で産卵への影響が最小で済むことを期待する。

2007.04.06(Fri)  土佐錦魚コメント(0)TOP
雪まじり
  4月4日

曇りのち15時頃から雷雨、みぞれ、雪まじり。

    朝    昼
 外  6℃、 12℃。
 内 11℃、 16℃。

 この冷え込みで魚の動きはすっかり収まってしまった。
産卵の心配はしばらく無くなったようだ。
産卵しないようにとの心配は贅沢。
バチが当たって今度は産んでくれるかで悩やまなければ良いが。
 21時に見に行くと10℃になっていた。
あわてて今期初めてのヒーターをつける。
せめて10℃を保ってくれればいいのだが。
鉢に蓋をすれば効果があるのだが、疲れていてする気になれない。
食事も面倒で少し甘いものを口にして、丸鉢概要を書かかないで寝ることにした。

 
2007.04.04(Wed)  土佐錦魚コメント(0)TOP
夜明け前から本降り、午後曇り
 4月3日

夜明け前から本降り、午後曇り。

    朝    昼
 外 10℃、 11℃。
 内 15℃、 15℃。

四時の目覚ましが鳴る前でしたが、ザーっという雨音でえ目が覚めてしまいました。
今日の気温上昇は望めそうにありません。
作業ははかどらない反面、その分魚の成熟は遅れてくれる、と複雑な感じ。
 作業開始。
昨日は疲れがガックリ出て三個しか離型できなかったが、その分今日で補いがついた。
明日で会員の分は離型できそう。
明日には栓が届くので明後日から組み立てに入る。


   続きを読む…

2007.04.04(Wed)  土佐錦魚コメント(0)TOP
朝小雨のち曇り
 4月2日

朝小雨のち曇り。

    朝    昼
 外 13℃、 16℃。
 内 19℃、 20℃。

 昨日の暑さを以て一列一日一鉢の水替えに世話の方法を変える。
一列七鉢中六鉢に入れてあるため、五日置きの水替えになる。
四列だから一日に四鉢替えるだけなので、夜明け頃には終わるようになった。
朝食をとって六時から作業場へ。
 昨日の暑さのせいか魚の太りが増した。
産まないでいてくれと祈る。
産んでしまうと丸鉢造りどころでなくなるからだ。


   続きを読む…

2007.04.02(Mon)  土佐錦魚コメント(0)TOP
晴れ、温かく、夜小雨。
4月1日

晴れ、温かく、夜小雨。 

   朝、   昼、
外 13℃、 26℃。
内 16℃、 23℃。

 前回の鉢より上経が狭くなっているが、側弧が増えたことで、水量はあまり変わらないものと思われ、日向用は僅かに増えているものと思える。
 側弧上部を増やした理由は陽射しの強さもあるが、個人的事情として近年丸手に落ち着いて来たため、より泳がしを必要とされた面がある。
 長手は放っておいても泳ぎ、逆に止めるのに苦労するが、丸手は泳がしに努力をしないと直ぐ太り止まってしまう。
 長手は秋の太りに苦労するが、丸手は夏にかけての泳がしに苦労する。
 前回の側弧は底径と立ち上がりをつなぐ中心を持つ円弧であったが、
今回の側弧は底辺近くは寝かせ、立ち上がり近くはより立ち気味のになる変則的で、上面、底面近くもより泳ぎ易くなっている。
2007.04.01(Sun)  土佐錦魚コメント(0)TOP

  2007.04   03≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫05

TopAdmin