FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
花曇り

 朝、外 6℃、内16℃。
 昼、外13℃、内18℃。

今回の丸鉢の製作主旨。
 側弧による泳がしの変化。ー上部の泳ぎ、底部の停まり。
 日向用はより強調。

 側弧を日影用で2センチ、日向用で3センチにして擂り鉢感を和らげ、泳ぎ易さを増す。
 日影用の底部は前回の鉢と変わらず、底での停まりを維持。
 日向用の底部は前回の鉢より角がとれ、側弧とのつながり感がある。底での停まりが少なくなる。
 日影用の側弧上部は前回の鉢より滑らかな立ち上がりをもち泳ぎ易さ増す。
 日向用の側弧上部は日影用の鉢より弧が強調され、立ち上がりとのつながり感があり、さらに泳ぎ易さを増す。陽当たりによる沸きの懸念をさらに少なくしている。
2007.03.31(Sat)  土佐錦魚コメント(0)TOP
雨のち晴れ
 朝、外10℃。内18℃。
 昼、外22℃、内22℃。

 今回の丸鉢を語るにあたり、前回の丸鉢とはどう違うか比較のため双方の概要を書いて置きます。

前回の丸鉢
外径65センチ、内径60センチ、深さ23センチ、底径20センチ、側弧2センチ、立上2~5センチ。

今回の丸鉢
外径60センチ、内径56センチ、深さ23センチ、底径20センチ、側弧2~3センチ、立上5センチ。

   続きを読む…

2007.03.31(Sat)  土佐錦魚コメント(0)TOP
今日もいい天気、でも

 朝、外11℃、内16℃。
 昼、外25℃、内23℃。
 陽射し強く、風強し、これで桜も満開へ。

 昨日帰って来てから、内外計4個の型抜きをして、ワックスをかけて乾かし、寝る前にもう一度二回目のワックスをかけて明日に備える。
 今朝はすぐに内外二個づかけて乾かす、その間にマットを切る。
これからはこの調子が続くと思われるので実況は終了とし、
製作主旨の方へ移ります。
 

   続きを読む…

2007.03.29(Thu)  土佐錦魚コメント(0)TOP
居ても立っても居られず
 朝、外 9℃、11時19℃。
 朝、内14℃、11時19℃。
 天気予報では暖かくなると言う。
温室内の水が出来過ぎないように本格的な水替えをする。
今までは糞取りをして足し水だったが、温室内全鉢、魚を出して鉢を洗う。
掴んだ魚の腹がこの間の25日とはまるで違い、柔らかくなっている。
四月初めの大潮で産まなければ良いが。
 これからは水替え時に鉢を移して洗うよう各列一池を溜池にして空けた。
尾数を数えたが、産卵要員150尾。
 前期は産み出して目を白黒させてしまったが、今期は卵も1番子も会員へ分けるので、多少は無理を重ねないで済みそう。

   続きを読む…

2007.03.28(Wed)  土佐錦魚コメント(0)TOP
40個の丸鉢生産いよいよ開始
 
午前中に外側2つ、内側2つ型に塗る。
乾かす間にブラインシュリンプの孵化池設置しようと、古いブラインシュリンプの孵化池を壊し始めるが手間取る。
設置終わりまで3時になってしまった。
陽射しがなかったが、型抜きを始めてみた。
やはり手間取ったが、抜けたので、ワックス掛けで終了。

 これからは作業を書いても代わり映えしないので、
今までに、書こうと思っても疲れていて書けなかった丸鉢を何故そう造るかを、日にちを遡って書こうと思っています。
 とは言っても腱鞘炎で手首は熱を持っているので少しづつしたいと思います。

   続きを読む…

2007.03.28(Wed)  土佐錦魚コメント(0)TOP
これで全部冬明け

 夜明け前白々する頃に本格的作業を始めるのは久しぶり。
水温六℃、三つ目の鉢の栓を抜いてタワシで洗うと、手が痺れてビリビリ痛くなってしまった。蓋をしてあるところは十℃、温室内は14℃。溜水の14℃に手をひたして少し感覚を戻す。14℃に手を入れるだけで温かく逆にピリピリと感じる。栓を抜くのは左手で、タワシは右手で、手の感覚が無くなろうと痛かろうと70個を一気にしてしまった。だらだらしている方が辛さも長くなってしまうから。
 夕に蓋をして朝にとる作業をすることが当たり前なのに、魚に申し訳ないことをしている。これからは蓋無しになる。
いずれは夕かけ朝とりをするつもりではいるのだが。
 全部の鉢に魚を割り振って九時近く、昨日までの春の嵐を忘れて日がのぼり始めると、うららかな春日和になって来た。
 本来なら今日は餌を与えないか極少しだが、明日朝の水温に気遣う間もなく、陽射しの誘惑に負けて少しだけだが与えてしまった。

 

   続きを読む…

2007.03.27(Tue)  土佐錦魚コメント(0)TOP
種魚の選別
 成熟した魚は一尾もいなかった。
昨年は既に雌はふにゃふにゃで雄は追い星がハッキリ出ていたが、
今年は追い星にも白く浮き出ているもの、ハッキリ出ていないものもいる。
雌はふにゃふにゃのものはいなく、大分柔らかくなっているものが半数ぐらいか。
 例年餌を与え出してから半月程経って用意ができるので、こんなもんだろう。
面白いのは一池だけ、それも歳をとった雄池の魚全部に追い星がハッキリ出ていたことだ。
考えると眠れないことが一つ増えた。

   続きを読む…

2007.03.26(Mon)  土佐錦魚コメント(0)TOP
1日休養
 気が抜けてガックリ疲れが出てしまった。
明日の会のために、月曜の外鉢の冬籠り開け作業と火曜日からの丸鉢造りのためにも休むことにした。

 24日の予定としては種親の選別をするつもりだったが、明日の朝へ繰り越し。
幸い今日は天気予報におよばずに暖かくならなかったので、午後の見回りを一回で済ませた。
水温最低14℃、最高18℃。魚は色艶も良く太って来た。
まだ触っていないので卵と追い星の具合は見ていない。

 今期の冬籠りは、温室の中でベニヤによる蓋をして遮光。
天窓(屋根部分)を雨の日以外は常に開け、窓は暖かい日に開けて冷やした。
今期は暖冬だったが冷えても水温は5℃、暖まっても10℃。日差2℃程。
水温のように魚も安定していた。
 暖冬でも遮光したことで十分な冬になり、春も陽当たりによる加温が無いので前期より長く籠らせることもできた。
 高知でも遮光による冬籠りは先輩方々がしていたので、間違い無いことは解っていたが初めてはやはり模索があった。
 明日、餌を与え始めて数日の状態を見れば、結論に近いものが出せるのではないだろうか。

   続きを読む…

2007.03.25(Sun)  土佐錦魚コメント(0)TOP
丸鉢見本、出来上がり
 4つ目へ発泡ウレタンを流し込む。
硬化不良の方へも、いまさら不良液を取り出すことができないので、そのうえにかまわず2液型を流し込む。
 硬化不良液が二液に溶けて混ざったのか判らなくなってしまった。
なんとか発泡ウレタン注入を済ませる。徐々に慣れてもう少し早く上手くなることを期待する。
 内側のヤスリ掛けにかかる。
粗い布ヤスリでゴリゴリと。
くねり模様が浮き出て面白みが出てきた。
この見慣れた模様がでてこないと感じがのって来なくなってしまっている。

 少し余裕ができたので、遅ればせながら会場関係5カ所へ今年の予定表を持って挨拶回り。
 挨拶は一週間前にはしていたが、今年は丸鉢作成で遅らせてしまった。
 遅れたこと等かまいなしに、有り難く承諾を頂くことができました。

 外側塗装用の2液型ウレタンを調合。
2つの予定が塗料を少し多くつくってしまった。
二液性は混ぜると余った分捨てなくてはならないので3つ塗ることにした。
 裏返して、外側塗装。乾いてから、
 表返して、内側の縁を塗装。乾いてから、
 裏返して、外側2回目を塗装。乾いてから、
 表返して、内側の縁2回目を塗装。乾いてから、
      内側の縁3回目を塗装。乾いてから、
 4つとも倉庫へ運んで、今日の作業と丸鉢の見本ができるまでを終了。

 ポリエステルも二液型ウレタンもかなり臭うので近所をはばかり、防毒マスクをして換気扇を付けないでしていたら、我が家中に匂いが充満。
 以前近所から、かなり強硬な苦情が出たので、
 この先、換気扇問題が思いやられる。

   続きを読む…

2007.03.24(Sat)  土佐錦魚コメント(0)TOP
発泡ウレタンを注入
 6時から両型共にポリの一層をかける。乾かす間に、
8時から発泡ウレタンを注入。
 今までは2液型の発泡ウレタンを使っていたが、今回は手軽なスプレー式の一液型を試してみることにした。
この間仕入れて来たものだが、仕様では17リッターとあるが気温が低いせいかぜんぜん少ない。
おまけに硬化不良であえなく失敗。
 2つ目からは、やはり以前通りの2液型を始める。
2液型では気温が低いとかえって急がずに済むが、やはり発泡が少ないようだ。
見本が済んだら、もう少し暖かくなるのを待つほうが懸命か?
接合とウレタン注入が、案外難しい。
 最後の注入でやはり膨れの圧力で外側に歪みが出始めた。
側面は少しの浪打つ程度ですんだが、接合部が5ミリほど持ち上げられたり、底面が膨れたりした。慌てて上に乗っかり体重をかけて踏み抑えたが、少し凸凹ができてしまった。
 午後から4つ目と5つ目を離型。
型はワックスをかけて脇に置き、5つ目と共に控えさす。
早速4つ目を接合。
 今日はこれまでで作業終了。

   続きを読む…

2007.03.23(Fri)  土佐錦魚コメント(0)TOP
どんどんと
 いよいよ4時に起きるようになって来た。
今まででも5時には起きていたので一時間だけの早起き。
外は凍らないまでもブルッとくる。
 まず、これ以上冷やさないために開けておいた天屋根をとりあえず閉める。
今までは冷やすために開けておいたが、これから夜は閉めて冷やさないようにするようだ。
 いよいよ幕開けだ。開花と彼岸の世話初めが一緒になって思い切りが良い。
まだ薄暗いうちに蓋を開け、底水を取り始める。

   続きを読む…

2007.03.22(Thu)  土佐錦魚コメント(0)TOP
意気込んで
 6時、型へ5回目、
続いて直ぐに元型へ二層付け。
8時、型へ外側の1つ目のポリエステルを1層付けをする。
 外側は発泡ウレタンを注入する予定なので1層で済ませる。強度は発泡ウレタンで補強されるので十分のはず。
 1層だと少し中がうかがえるので、発泡ウレタンの注入具合が判るのではないかと期待しているのですが?
 それと、若し穴があいていたら発泡ウレタンがはみ出して来るので、その辺りも判り易いのではないだろうか?
 外と内とを接合してから、紫外線除けと化粧のためのウレタンを塗装予定です。

   続きを読む…

2007.03.21(Wed)  土佐錦魚コメント(0)TOP
今日から12時間
 6時にグラスマットを切って直ぐポリエステルを塗り始める。
 8時終了。
 13時離型。1つ目の型ができた。
 1つ目の型と元型を修成をして、双方に1回目のワックスを塗って15時。
 16時双方へ2回目。元型は2回のワックスで済ませる。
 17時、型へは3回目のワックス。元型へはゲルコートを塗る。
 18時、型へ4回目のワックス。今日の作業を終わりにしました。
 いささか疲れがでてきましたが、追い込みです。

 一応予定通りに、20日には二つ目の型と同時に1つ目の外側ができそうです。

   続きを読む…

2007.03.20(Tue)  土佐錦魚コメント(0)TOP
思ったよりは
 離型は音が出るのでやはり少し遅めに始めました。
 少しは手こずりましたが覚悟していたよりは早く抜け、直ぐさま修成にとりかかりました。穴等を埋め、念を入れてヤスリ掛けをして、ワックス掛けを始めました。

 昼食後に種親会の案内状を作成、発送。
 日曜日は郵便物の回収車が1回しか来ないので、その時間に30分送れてしまい消印は明日になりそう。
到着は明後日か?

   続きを読む…

2007.03.19(Mon)  土佐錦魚コメント(0)TOP
急いでやってみましたが
 朝六時に三回目のワックス、七時に四回目、八時に五回目、九時にゲルコート。
ゲルコートが乾いても今度は凹みませんでした。
 これならポリエステルを塗ることが出来そうです。
13時に二層かけて15時に終わり、夕方に縁の余分を切りました。
 今日は離型できそうにないので明日へ回しましたが、手こずりそうな気がしてなりません。
 上径六十センチ弱、底径50センチ弱、深さ三十センチ。
今までは丸鉢でしたから抜け易い形でした。こんな深くて底の平たい物は始めてです。
やるだけやってみます。
2007.03.18(Sun)  土佐錦魚コメント(0)TOP
乾いていたので
 ゲルコートは乾いていましたが、昨日より更に凹んでいました。
凹んではいますが弛んで架け橋のようになっているだけで、中は空洞のようです。
 破いて下から厚くパテを盛り直せば、次には発泡スチロールが侵されないのでしょうが、厚みがあるので盛るのに二日かかってしまいます。1日で済ませるようにゲルコートを破らないで下地パテを塗ってみました。
 半日乾かし、上塗りパテを重ね、夕方にヤスリ掛け、直ぐにワックスがけ、ヒーターを用意して、一度目のワックスは乾きが遅いので、その間に内部へ充填する発泡ウレタンを仕入れに材料屋へ。
夜に二度目のワックス。
 明日朝3、4、5回のワックスを順次塗り重ね、急ぎ再度ゲルコートを塗ってみるつもりです。
 こんなことをしてまた失敗すれば余計に遅れますが、空洞になっていることは再び溶剤が染みても、凹む要素が少ないとの見込みからです。

   続きを読む…

2007.03.17(Sat)  土佐錦魚コメント(0)TOP
型用ゲルコートで失敗
 疲れが抜けないので少し楽をして、外型のみ作業を進めることにしました。
内側は2個づつ出来ているので差し当たって外側を4個造り、接合して形にしてみることにしました。
 今朝は外型原型にゲルコートを塗りましたが、妙に乾きが悪く予定が狂ってしまいました。パテを塗り付けの薄いところから、芯にしていた発泡スチロールへ溶剤が染みてしまい、乾かなかったことと解りました。染みたところの発泡スチロールが溶けて凹んでしまいました。
 明朝乾いていたら、凹んだところへまたパテ詰めをして見るつもりですが、直せるかどうか、
まあ、やるだけやってみます。
2007.03.16(Fri)  土佐錦魚コメント(0)TOP
少し骨休めを
 14日は6ミリも凍っていました。
 今頃になって連日凍っています。蓋をしてあるところも5℃程。やはり世話を始めるのは彼岸頃のようです。
 18日には種親会の葉書を出して、24日までには丸鉢の見本を造っておかなくては。

   続きを読む…

2007.03.15(Thu)  土佐錦魚コメント(0)TOP
4個共に
 12日は外の丸鉢に2ミリほど氷が張り水温3.5℃、中は8℃でした。
 13日は外の丸鉢に1ミリほど氷が張り水温4℃、中は8℃でした。
ここにきて冷えてくれましたので安心して丸鉢造りに向かっています。


 朝から着色ポリエステル塗り。ポリエステルにトナーを入れて着色、塗り出しが9時、午前中に2つしか出来ずに、午後にもう二つ。
9時に塗り出したものから余分な縁を順次カットする。
4つ目は夕方にカット。
離型する前に縁にヤスリをかけたいのですが、4つ目の固まり加減がまだなのと、ヤスリ掛けは音が出るので夜には出来ません。
ヤスリ掛けと離型は明日にしました。

   続きを読む…

2007.03.14(Wed)  土佐錦魚コメント(0)TOP
日向用、日影用の型が2個づつ
 朝一番で離型。すんなり取れて、直ぐ補修へとりかかりました。
日向用、日影用の型が2個づつ計4個できました。これで型造りは終了です。
いよいよ丸鉢本体内側の製作に入ります。
 ワックスを塗りながら乾く合間に、グラスマットを切って明日着色ポリエステルを塗る用意。
マットは案外度々用意しなくてはなりません。
 外型原型の2回目の下地パテを盛りつけました。
今のところ地道ですが、着々と進んでいます。

   続きを読む…

2007.03.13(Tue)  土佐錦魚コメント(0)TOP
二つ目の型作り
 慣れて来たのか元型にゲルコートと二層を塗ることが出来ました。
夕方に元型から抜こうと思っていましたが、仕事が入ってしまいましたので、
はみ出ている分だけは柔らかい内に切り落としておきました。
 明朝にずれ込みそうです。

   続きを読む…

2007.03.12(Mon)  土佐錦魚コメント(0)TOP
今度の離型は
 同じFRPからだと今まで通りに抜けました。
経験からそう思ってはいましたが、ホッとしています。
これが失敗だと間にあいませんから。
 これで、元型と型が1個づつ出来ました。
今日抜けた一個目の型の補修とワックスがけと、
もう一つ型の二個目を造るために、元型の補修とワックス掛けです。

   続きを読む…

2007.03.11(Sun)  土佐錦魚コメント(0)TOP
3個目の型
 同じ型で幾つ目でも言うと解りづらいほどの3個目です。
そこで、最初のパテで造ったものを原型と呼びます。
次のを元型。
今度の3個目を型と言います。
型は2個づつ造る予定です。
これから丸鉢を必要数造って行きます。

   続きを読む…

2007.03.10(Sat)  土佐錦魚コメント(0)TOP
離型
 離型が芳しくないときは音が出て近所迷惑になるので、開始時間を八時半にしました。
案の定と言うか、考えていたこととは違い、苦労してしまいました。
離型し易いようにせっかくワックスを必要以上に塗り重ねたのに、上手く抜けません。
 やはりと言うか、パテが下地は初めてでしたが、だめでした。
仕方なくパテを崩して抜いてしまいました。
 型からパテを剥がしとるのに午前中を費やしてしまいました。
つるつるだった型に傷を付けてしまいがっかりしましたが、鉢の表面は凸凹仕上げなので直接問題とならないのが、まだ幸いしています。
 今日中に傷と凹みの修成とワックス掛けをして先を急ぐことにしました。
2007.03.09(Fri)  土佐錦魚コメント(0)TOP
二層目
 やはり冷え込んだので凍っているか見に行くと、外の二鉢だけ張っていました。
中は10度を保っています。

 二層目をかけました。
日が出て暖かくなりましたが、離型は明朝することにします。

 開花予想では18日、鉢造りと魚の世話が重なってしまいそうです。
これも遊び優先の付けが溜まってしまったようです。
少し明日からピッチを上げるよう気を入れ直します。
2007.03.08(Thu)  土佐錦魚コメント(0)TOP
一層目
 朝一屋上へ上がってみると、魚を入れていない鉢に春先に出る虫がわいていました。
例年この虫がわくと汚れを取り始める目安にしていました。
 この三日間の暖かさで水もすっかり濃くなっています。
汚れを取りなさいという信号を貰ったと受け取り、底水を取り始めまた足し水です。
自分の思惑より自然の信号に従うようにしていますが、成り行きでどうなるのやら、
今年はいい経験になりそうです。


 鉢の方は、午後から一層目の肉付けをしました。

   続きを読む…

2007.03.07(Wed)  土佐錦魚コメント(0)TOP
型用ゲルコート塗り
 朝一番で、型用ゲルコート塗り。
午前中にはコチコチの乾いていたのですが、以前に乾燥していると思ってグラスを張り始めたらシワが寄ってしまった経験があります。厚み付けは明日にしてグラスマットの三角切りを始めました。
 百円ショップで不織布のつなぎと活性炭マスクとビーニール手袋を買ってあったので着用。特に不織布のつなぎは便利です。
 マットを広げて、一応以前の型のものを二組切る。
以前の型のが一回り大きいので使ってみて、大きさは順次合わせて行くつもり。

   続きを読む…

2007.03.06(Tue)  土佐錦魚コメント(0)TOP
普段していないと
 今朝は8時開始。
少し疲れが出たか、
それとも明日のことを思いあぐねて眠りが浅かったか、
朝方から温かいせいか、3時に目が覚めて産卵期態勢のようです。
 ワックスを塗ると、あまりに積み重なった普段を片付け開始。
と言っても、隣りの部屋へ山積みにするだけ。
それでもグラスシートを広げる場所ができました。
床を掃き終わった時に4回目が塗り終わり。
まだ明るいのですが、今日は作業終了にしました。
このところ根を詰めているので少し疲れているような感じです。
 明日は雨風が強いとか。

   続きを読む…

2007.03.05(Mon)  土佐錦魚コメント(0)TOP
2時間おき
 足し水が10時前に終わったので10時ワックス塗り開始です。
日は照らなかったのですが、案外暖かく2時間おきに塗ることが出来ました。
10時、12時、14時、16時、18時と5回できましたので、
1回目を足すと計6回。
地がパテなので目標を10回にしました。
今日はあと4回。
乾かしている間に周りを片付けて。
グラスマットを広げる場所をつくらねば。
2007.03.04(Sun)  土佐錦魚コメント(0)TOP
乾いていませんでした
 ワックスは乾いては磨き、磨いては乾かし、
ピカピカにして離型し易いようにしておかないと後で苦労します。
2日かけるつもりでしたが、3日かかるかも知れません。
暖かくなることを期待して、

   続きを読む…

2007.03.03(Sat)  土佐錦魚コメント(0)TOP

  2007.03   02≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫04

BackTopAdmin